簡単な事から始める便秘対策

普段のお通じは身体のあらゆる所に影響するものです。簡単な三つのポイントを押さえるだけででも便秘気味な生活も改善しますし身体も楽になります。

そもそも便秘気味だと身体の循環が悪いですからそれに伴って体重の増加や倦怠感に襲われ常に身体が怠いような状態になります。

まず1点目は基本中の基本『食生活』これは皆さんもご存知かと思いますが食物繊維をより良く摂るなどがありますが牛乳とや乳製品はひとによっては腸にかかる負担が多かったりしますので少し注意が必要です。

バランス良く野菜を食べること、ジャンクフードや肉系は消化が悪いので便秘気味の時は控えるようにして下さい。

2点目は適度な運動です、これは毎日働いてるとそんな時間が無かったりしますが、お風呂上がりの柔軟体操だけでも効果があります、ほんの少しの気遣いで身体の循環は良くなります。

3点目は睡眠です、不眠や不規則な睡眠は身体が普段持っている体内時計を乱れさせる原因です、あなたが不規則な生活の仕事で無いのならばなるべく規則正しく睡眠をとるよう心掛けて下さい。

この三つの中でも案外やらなくなりがちなものは運動です、これは習慣にするようにして、そして初めからハードな運動は長続きしないので身体に無理の無い運動から初めて下さい。

以上の3点を押さえるだけで身体は随分と楽に、便秘なども解消されていきます、薬などで無理やり排泄することなく自然な習慣の中で快適な身体造りをしてみてくださいね。
便秘解消法.com

たかが便秘、と侮らないこと!

便秘になると、辛いですよね。
お腹が張っているような気分がずっと続いたり、出してすっきりしたいのになかなか出てくれなかったり…。

便秘になる原因は人によって違いますが、大半が食生活に原因があったり、運動不足や姿勢の悪さなども引き金になっていたりするそうです。

市販の薬の効果も様々ですが、お腹が痛くなったり、或いは便が出きらずスッキリしない感じが残ったり…という体験談もいくつかあるので、自分の便秘のタイプや体調にあったものを選ぶのはなかなか大変です。

あまり薬に頼りたくない…という人にはツボ押しがおすすめです。親指と人差し指の間、付け根の部分にある”合谷”や、膝から親指4本分下、脛の外側にある膨らみにある”足三里”、おへそから指三本分外側にある”天枢”など、便秘に良く効くと言われているツボは体のあちこちに存在します。

いつか出るだろうと放置しておいて最悪の事態にならない為にも、まずはお金も手間も掛けずにすぐ試せるようなツボ押しや軽い運動、食生活の改善などから見直してみる事が大切です。

便秘に加えて下痢気味になるのが辛い

私は便秘に悩んでいますが、もう一つ悩みの種があります。それは下痢です。数日に一度お腹が痛くなる時があり、その日は朝から晩まで何度もトイレに行く羽目になります。何度トイレに行ってもお腹の痛みが治まらなくて本当に辛いです。

便秘だけでも辛いのに、それに加えて下痢の症状が出るなんて本当にイヤです。とはいえ下痢に関しては毎回なるわけではないのが唯一の救いです。

便が出るのは一週間に一、二度くらいで、そして下痢の症状は月に一、二回くらいです。何回かに一度の割合で下痢がやってくるのです。下痢の辛いところは何回もトイレに行かなくてはならないことではなく、お腹の痛みが治まらないことです。

なので下痢気味になったときはお腹の痛みを抑えるために痛み止めを飲むことがあります。そうしないととてもではないけど下痢の痛みに耐えられないのです。

こういう日は早く寝るのが一番なので、下痢の時はいつもよりも何時間早く寝ます。寝ている間はお腹の痛みを気にしなくて済むのです。

便秘の原因や対処法について

便秘でつらい経験をされている方も多いかと思います。しかしどうして便秘になってしまうのかという明確な理由がわからないこともあるでしょう。実は便秘には様々な原因があり、その原因によって対処法も異なってくるのです。

まずは食物繊維不足です。食物繊維が排便に重要だという話は一度は聞いたことがあると思いますが、食物繊維というのは腸内の善玉菌を増やしたり、便のかさを増やしてくれたりと大切なものです。そのため、食物繊維が含まれている野菜や海藻類を摂取すると良いでしょう。水分を取ることによって排便しやすくなるため、水分補給も大切です。

運動不足によって引き起こされている場合もあります。運動することによって筋肉を鍛えたり、ストレスを解消することができるため便秘の解消になります。

中には病気や薬の副作用が原因で引き起こされている便秘というものもあるため、生活習慣を改善しても便秘が治らないといった場合には医療機関に相談するのが良いかと思います。

毎日便秘をすっきりしたい思い

幼い頃から便秘に悩まされ続けてきました。あの頃は食べ物も好き嫌いが激しく、あまり食事の量も摂らなかったので、それが影響していたのかなと思っていました。

今私は主婦になり、子供も二人いるので食生活には気を付けるようにしています。自分だけの問題ではないからで、子供たちの栄養のバランスも考えないといけないし、子供にも私のような便秘の悩みを抱えてほしくないからです。そんな心配とは無縁で、主人も子供も便秘にはならずにいます。

この家族で私だけが便秘だなんて、やはり体質なんでしょうか。すっきりする事があまりないのです。野菜やヨーグルト、納豆など食べるようにしても出る時と出ない時、まちまちなのです。

学生の頃は、便秘でガスが溜まりお腹が張ったものです。急におならが出そうになったりした時は、困りました。でも我慢をすると、体に良くないし救急車で運ばれた人もいるくらいです。そうならない為にも、便秘の予防をしなくてはならないのですが、忙しい毎日でも簡単に続けられる方法がないかと日々悩んでいるのです。

便秘と食べ物

食べ物によって便秘を解消させたり悪化させる要因につながります。 まず、解消してくれる食べ物についてです。

ホウレンソウや小松菜のように食物繊維が豊富な食べ物や納豆やキムチ、ヨーグルトといった発酵食品も腸内の活動を活性化させる為、効果的です。

そして便秘になりやすい食品はコーヒーや緑茶などのタンニンが含まれている食品です。
タンニンの成分が便を固くさせてしまうので大量摂取は控えた方がいいです。 また、砂糖を含んでいるお菓子など便秘の原因に繋がるようです。 糖分を摂取する事で体内の悪玉菌が増殖してしまうので、こちらも大量摂取は控えた方がいいです。

そしてアイスなどの冷たい物も原因の一つになるようです。 冷たい物は胃腸の働きを鈍らせる為、控えが必要になります。 しかし、どんなにいい物を摂取してもバランスが悪ければ便秘に繋がってしまいます。 普段の食事をバランス良く摂取する事が便秘にならない一番の解消法になるものと思います。

季節の変わり目風邪に注意

ここ一週間、私の旦那が咳をしています。どうやら軽い風邪気味のようです。夏から秋に変わる時分というのは、一年で一番風邪を引きやすい時なのではないか、と言う風に思います。昼間と夜の温度差がかなり激しいと今日も感じました。昼間は半袖でも平気なのに、夜になると半袖では肌寒さを感じます。しかし一番寒いと感じるのは、夜よりも早朝です。

秋あるいは冬の早朝の寒さはほんとうに凍えるようですよね。この時期、夜はまだ暑くて寝苦しく感じ、つい半袖のパジャマに薄いタオルケットで寝てしまいがちです。でも早朝になると寒くて目を覚ましたりします。ああどうして長袖のパジャマを着て寝なかったのだろうと後悔したりします。そして、どうして布団をかけて寝なかったのだろう、という後悔もします。

天気予報でも言っていましたが、まだ大丈夫と思うのではなく、布団は早めに出したほうが風邪をひかなくていいですね。早朝の寒さをあなどってはいけません。

初めての運動会

きのうは息子の初めての運動会でした。

この前は雨で延期になり、期待のハードルもあがっていましたが!

待った甲斐あって絶好の運動会日和になりました。

青い空に緑の芝生。裸足で元気いっぱいのちびっ子たち。

息子はおちびちゃんなので、入場はずっと先頭さん。

立派に行進してくる息子をみて、オープニングから涙がじんんわりあふれてきました。笑。

かけっこも一生懸命で、アンパンマンのダンスもすごいかわいくて、キュンキュンしちゃいました。

1学期は泣きながら幼稚園に通っていた息子ですが、2学期に入って運動会の練習が始まると、見違えるように楽しそうに幼稚園に行くようになり、
覚えてきたダンスや歌などを毎日披露してくれ、すごいなあと毎日思っていましたが、本当に感動の一日になりました。

料理のレパートリーを増やしたい

私は主婦になってずいぶんと時間が経ったのですが、いまだに若い頃と料理のレパートリーの数が変わらないなと反省することがあります。

もちろん若い時には新しい料理を覚えようと、レシピ本などを見ていろんな料理に挑戦したのですが、いつも覚えたての時に数回作るとその後はめったに作ることがなくなってしまいます。そしてそうこうしているうちに、作り方を忘れてしまうのです。

なので結局頻繁に作るものといえば、レシピ本など見なくてもちゃんと作り方を覚えているものばかりになってしまいます。

そんな私ですが最近ではネット上のレシピサイトを参考にすることが多くなりました。昔と違い今はレシピ本などをわざわざ買わなくても、自宅に居ながらいろんな料理を検索することができます。

なので冷蔵庫の中身を見て、その食材でできる料理を検索して、夕食を作ったりするようになりました。

ただこの場合も一度作るとその後は作ることがなくなるため、いつまで経ってもレパートリーが増えるというところにまでは至りません。

そして家族のために手の込んだ料理を覚えたいななんて思うこともあるのですが、ネットで検索するのはいつも簡単にできるものばかりです。

本当に若い頃から成長していないなと反省します。ただ手際だけは良くなりました。

可愛いあの猫に会いたい

近所のノラ猫ちゃんを保護しました。猫をたくさん保護している里親さんの元へ連れて行くまでの間、私の部屋で預かりました。

おそらく元々は飼い猫だったのか、とても人間に慣れていて、可愛い猫ちゃんです。 このまま私のペットとしてお世話したい。それぐらい夢中になっていました。

ですが、この子はトイレがなかなか上手く出来なかったんです。ラグやベッドの上で粗相してしまう。 これには参りました。

もしかしたら、トイレができなくて捨てられてしまったのかもしれません。それでもこのままでは困るので、なんとか工夫しながら一定の場所でトイレができるようにしました。

猫をペットとして飼ったことはなかったので、戸惑うことも多かったですね。ご飯をどれぐらいあげていいのか、留守中はどうしているのか、気になることはいっぱい。

でも可愛くて、猫ちゃんが待っていると思うと、早く帰りたくてたまらない気持ちでした。

飼い始めて3日ぐらいだったでしょうか、私に異変が起こり始めました。寝るときに呼吸が苦しいのです。ごく軽い喘息のように、胸がゼイゼイするのです。

最初は風邪を引いたのかと思っていましたが、咳もでないし風邪とはちょっと違う感じです。
毎日でる症状ではなかったのですが、一応病院へ行ってみるとなんと猫アレルギー。もうビックリするやら悲しいやら・・・。

せっかく私のペットになりかけていたのに、このまま飼い続けるわけにはいかず、結局里親さんの元へ行くことになりました。

私の元にいたのはたったの3週間。でもその短い間はたしかに私の子だったんです。お別れの日は涙が止まりませんでした。会いに行こうと思えば行けるんですけどね。

今頃どうしているでしょうか? 他の猫ちゃんたちと仲良く暮らしているといいな。今とてもあの子に会いたいです。